コスタリカコーヒーが私たちの元に届くまで…裏側を大公開します! | NatuRica coffee

2021/06/07 12:26

Hola!!(オラ)
皆さんこんにちは!


今日は、遠く離れた中米コスタリカから、はるばる旅してきたコーヒーがどのように私たちの手元に届くのか。

なかなか知ることができない裏側を公開したいと思います!!



まだコーヒーの輸入2回目なのですが、毎回ちゃんと日本まで届くかな、、といつも心配でそわそわしますw
航空便で輸送しているので、飛行機のトラブルとかないかな。途中で荷物破損したりしてないかな。。と



まずは、無事に日本に到着するとUPSの業者さんから荷物が成田空港に到着しました、と連絡が入ります。
そこでまずは一安心。


では、成田空港に向かいます。



空港の貨物専用のエリアに入ると、まずはUPSの会社のビルに行き書類を受け取ります。

そこから次は検疫へ!


こちらで事前に送っておいた食品輸入届出書をチェックしてもらい、不備がなければハンコをもらい書類を受け取ります。


そして次は税関へ、、、


とその前に、荷物が保管してある倉庫に書類を探しに行きます。





倉庫はこんな感じになっていて、荷物がたーくさん保管してあります。

今回はパレットごと運んできてもらいました。



ここの職員のお兄さん、とても親切に私たちの探している書類を一緒に航空会社まで行って探してくれました(涙)
結局なかったのですが、、お兄さんありがとうございます!


では、次はいよいよ税関へ。



税関の中はこんな感じ。

最近は電子での申請が主流なので、色々教えてもらいながら自分たちでパソコンを使って必要事項を記入していきます。



そして、書類を申請し承認されれば、関税を窓口で支払います。



そして、書類を受け取り再び荷物の保管してある倉庫へ!


窓口で手続きをして。。


フォークリフトで車の前まで荷物を運んできてもらい、、、


やっと荷物が受け取れました!!!





荷物を確認しながら、手分けして荷物を運びます。


女3人で頑張りましたよー!
ちょっと疲労感の漂う顔ですね。。w



2回目で、手続きの流れはわかっていたのですが、なんだかんだで全て終わるまで4時間弱かかりました。(汗)




以上がなかなかお見せする機会のない輸入手続きから荷物受け取りまで、でした!


皆さんに美味しいコーヒーを飲んでいただきたく、色々な人の助けを借りながらなんとかやってます!

今後ともNatuRicaを応援していただけると嬉しいです☆